ランドセルで身を守れ~男の子も女の子もバッチリガーディアン~

小学生

早めに片付ける事

子供

女の子がいる家庭では3月3日になると雛人形を飾る家庭もあるでしょう。学校などの行事でも必ず行なわれていますし、全国的にも行っている地域が多いです。雛人形は母方の祖父母からプレゼントするのが習わしとなっており、女の子の健康と幸せを願ってお祝いするのが雛人形を飾る本当の意味となっています。本来であればかなり大きなひな壇を用意するのですが、家庭の事情などによって飾れるサイズが限定されてしまっています。近年では三段タイプの雛人形を購入する家庭が多くなっていますので、ひな壇の上には雛人形の歌詞に出てくる主要メンバーばかりというのも珍しくありません。時代によって変化はありますが、昔から続いてきた伝統の一つなので、今後も途絶えてしまわないように引き継ぎを目指しましょう。

雛人形を飾る目的として、災厄が人に襲ってこないようにしているという意味合いが込められています。災厄を雛人形が代わりに受け止める代わりに、家庭にいる女の子が健やかに成長するようにという事で飾られています。そのた目、嫁入り道具のお一つとしてカウントされるようになり、夫婦の仲が良くなるようにという意味も込められるようになりました。それと関係して、雛人形を飾る際の注意点として3月3日を過ぎたら直ぐに雛人形を片付けなければいけないとされています。嫁入りが遅くなると昔から噂になっています。その理由は二つあり、片付けが出来ないから家事が出来ない人とみなされるという理由と、災厄を引き受ける雛人形がいつまでも飾ってあると災厄が復活するという理由からきています。どちらにしても、雛人形を良い状態で保存するためにも早めに片付けた方が良いでしょう。伝統を受け継ぐためにも、昔からの風習に従ってイベントを楽しみましょう。

Copyright© 2015 ランドセルで身を守れ~男の子も女の子もバッチリガーディアン~All Rights Reserved.