ランドセルで身を守れ~男の子も女の子もバッチリガーディアン~

小学生

男の子の魔除け

神社

男の子が生まれた場合に初正月を迎える際に行うイベントとして破魔弓があります。破魔弓を行わない地域もありますが、生まれてきた男の子の初正月に健康と魔除けの意味を込めて飾ります。破魔弓を贈る方というのも決まっており、基本的には母方の実家から男の子宛に贈る物とされています。そのため、正月に間に合わせて販売しなければならないため、12月頃になると専門店などに並ぶようになります。飾る時期も同じであり、12月ごろから飾り始めると良いとされています。基本的には一年通してずっと飾っておいても問題ないとされていますが、部屋の事情などによって片付けると判断した場合は1月の中旬ごろまでは飾った方が良いでしょう。片付け方としては防虫剤などと一緒にしまって虫食いを警戒し、湿気などが少ない場所で保管するとカビが発生するリスクを軽減出来ます。

破魔弓とは、名前を分解するとわかりますが、魔を破る弓と言う意味があります。室町時代から風習が続いているとされており、日本古来から現代まで続いてる習慣の一つとされています。諸説ありますが、元々は弓を強く弾く事によって生じる音で魔を退いたとされています。そこから魔除けという意味合いが強くなり、一年の始めである正月から健康を祈って飾るようになりました。破魔弓の悩みとして多いのが、兄弟が多い場合はどうするべきなのかという疑問を抱く方も多いでしょう。その場合は、基本的に一人一本を用意した方が効果的とされています。破魔弓のデザインにはいくつかの意味合いが込められているため、意味を調べてじっくりと観察すると興味が湧くようになってきます。古来から続く日本の伝統ですので、意味合いを考えて実行するようにしましょう。

Copyright© 2015 ランドセルで身を守れ~男の子も女の子もバッチリガーディアン~All Rights Reserved.